LINE友だち追加 ENTRY

入社2年目に大成長
表彰台の頂点へ

大西 知希Onishi Tomoki

2018年新卒入社/ICT事業本部 ITS事業部

入社2年目に大成長
表彰台の頂点へ

大西 知希Onishi Tomoki

2018年新卒入社/ICT事業本部 ITS事業部

プライドを捨て、代わりに得たものは大きな成果だった

入社から3年、どのような経験をされましたか?

入社して最初の3ヶ月の成績は、同期の中で断トツ1位でした。
正直、このまま新人王になれると思ってしまったんですね。その瞬間から一気に上手くいかなくなり、結果的に営業表彰新人部門で4位まで落ち、表彰台にも上がれなかったんです。それが本当に悔しくて、そこから”できることはなんでもする”と決めました。
元々プライドが高かったのですが、それを捨てて何があっても上司についていき、とことん真似しました。

そこからなにか変化はありましたか?

とにかく昇進することだけを目標にした結果、その年の下半期で同部門3位に入賞しました。その時は、悔しいとか嬉しいとかもなく、こんなものだろうなって。
それよりもお客様との対応や、別の面が見えてきたので次はもっと伸びるだろうと感じていました。

言われて初めて実感した自分の成長。

そして2019年上半期、営業表彰J・AM(※注1)部門歴代1位!おめでとうございます!

ありがとうございます!J・AM部門歴代断トツ1位は嬉しかったです!
後輩が入ってきたとき、ダサいところ見せたくないし、かっこいい自分でありたいというプライドがありました。あとは、結果に対する責任感も生まれ、自分で考えることができるようになりましたね。

どんなときに成長したなって感じますか?

実は入社当時、本当にこの上司たちのようになれるのか?と不安に思っていました。
でも今は、「初めて会った時は、お前がここまで成長できるなんて全く思っていなかった」と上司に言われるんです。後輩も今の僕をみて「すごい」と言ってくれるのですが、周りの言葉で初めて自身の成長を実感しますね。

「お金を稼ぎたい」この目標はずっと変わらないです。

なにが原動力ですか?

高校生の頃から、いつか起業してお金を稼ぎたいと思っていました。一緒にやってきた同期2人も同じく、昇進して稼ぎたいという思いがあります。僕たちはこの目標をぶれずに持っているので、常に全力で取り組むことができます。
今後は、管理職になって安定したお金を稼ぎたいです。そして後輩たちの成長を見たいですし、それが自分の成長に繋がるとも思っています。
今はそのために、他力じゃなく、いかに自力で動くかということを意識しています。

チャレンジすることを恐れない、大知社長の考え方に共感。

そもそもなぜMJEに入社しようと思ったのですか?

説明会で大知社長が、「チャレンジしてどうなると思う?」と僕たちに問いかけたんです。
「むしろチャレンジすることにより、かけがえのない経験を積むことができる。」とおっしゃった時に、この人の元で働きたい、と思いました。
4社内定を獲得していたのですが、MJEだけが熱烈に自分にアプローチしてくれたんです。「こんなに熱心になってくれる会社はないな」って。それを感じた時に、入社を決意しました。

心の底から大好きな環境。そして大好きな場所。

いつも楽しそうに見えるのですが、会社に対して感じることはありますか?

僕、本当に根っからポジティブなんですよね。
成績に伸び悩んだときも、「まあ油断してしまった自分が悪い」と思いますし、会社が本当に大好きで土日でも行きたいくらいです(笑)。怒られて落ち込んで会社に行きたくないなんて思ったことはないです。あ、1回だけ次の日怒られるって分かっていた前日は嫌でした(笑)。
なんでこんなに楽しいかって、やることをやったら、その分自分の思うように働けるからなんですよね。この環境が本当に素晴らしいし、なにより人が大好きです。

※注釈1
J・AM……職位の名称。J=一般社員、AM=アシスタントマネージャー

※肩書き、業務内容は取材当時(2019年12月)のものです。

一覧ページ

一覧ページ