LINE友だち追加 ENTRY

大手企業から
ベンチャーへと移って見えたもの

渋谷 世子Shibutani Tohko

2018年入社/SS事業本部

大手企業から
ベンチャーへと移って見えたもの

渋谷 世子Shibutani Tohko

2018年入社/SS事業本部

父の背中を追い続ける

学生時代に意識していた事はありますか?

私の父親が経営者という事もあり、私の中のリーダー像は父親です。
父親は人間パワースポットのような存在で、そんな父親の背中を小さい頃から見てきたこともあり、自分も父親のような器の大きな人になりたいと思っていました。

経験の幅を広げるためベンチャーへ

前職では主にどのような事をされていましたか?

前職は大手銀行の法人営業を3年、本部での勤務を2年やっており、主に融資や、決済に関する提案を行なっていました。
お金の価値は日本中どこの銀行でも等しく、100円の価値は100円でしかありません。みんな同じ価値のものを提案するので、商品に頼れない分、知識と人間力が必要になります。そこで活躍できる力を付けたいなと思い銀行への就職を選びました。

なぜ転職しようと思ったのですか?

銀行に入り5年が経つとそろそろ役職昇格を狙う年になり、役職がつくとお給料もグンと上がって来るのでそこに照準を合わせる社員が多くいました。
その中で自分のキャリアを考えたときに、本部も営業も経験し、このまま同じ場所でキャリアを積んでいくより、大変かもしれないけど新しいことに挑戦して得られる達成感を味わいたくなり、転職を決意しました。

待っていても仕事はやってこない

MJEではどのような業務をされていますか?

現在は新規事業である空間領域で「billage」というシェアオフィスの企画運営を主に担当しています。初めは東京・渋谷にある「la billage」の運営を行なっていました。

MJEに入社してみていかがでしたか?

前職では当然のように仕事が与えられ、何年目は〇〇をやるといった形で決められていたので、転職後も仕事は与えてくれるものだと思っていましたが、自分で取りにいかないといけない事を学びました。ミッションを探していた時期は、仕事をしていて一番つらい時期だったかもしれません。
ただ、前職と比べ会社に愛を持てる人が多くお互いを助け合っている雰囲気はもの凄く感じました。 「上司あるいは部下に華を持たせてあげたい」という気持ちで行動する人も多いですし、人間味のある人が集まった会社だと思います。

当たり前を作っていく感覚

正直なところ、新規事業は大変ですか?

そうですね。人員配置から戦略まで決めていかないといけない事が多すぎてぐちゃぐちゃしていましたし、お客様が開店から閉店まで来ない日も当たり前にありました。

そんな中でやりがいはありましたか?

やはり、当たり前の事が当たり前になってきたことがやりがいですね。
お客様が来店してくださったり、部下や、インターン生が楽しく出勤している事が自分の糧になっています。

自分史上最高のおもてなしを。

振り返ると前職での営業経験は今に活きていますか?

もちろん活かされています。成果を出すことにシビアな分、社会人として大切なマナーや仕事の進め方等、沢山のことを勉強させていただきました。
また、どんなお客様であろうと態度を変えず、一流ホテルのような接客を心がけることは現在も変わっていません。知識はベテランの方より浅いですが、その分私とのご契約に意義を見いだしてもらえるよう、お客様が本当に求めていることを追求しています。
最終的には自分自身が価値ある商品となることが目標です。

※肩書き、業務内容は取材当時(2019年12月)のものです。

一覧ページ

一覧ページ